賃貸住宅契約時にかかる敷金と礼金とはなにか

賃貸住宅を借りる際に必ず耳にするのが、「敷金」「礼金」という言葉です。このお金は賃貸住宅を契約して最初に支払うお金になるので、とまどう人も多いと思います。

「敷金」とは、保証金と呼ぶこともありますが、法律上は、「借り手の債務を担保するために、貸し手に渡すもので、賃貸契約終了時に、借り手に債務不履行がなければ返金するもの」と定められています。簡単に言うと、借り手の過失による家賃の滞納や修理費に充てられるもので、貸し手にとっては「保険」のようなものです。契約終了時に問題がなければ返ってきます。

通常は家賃の2ヶ月分くらいの費用がかかります。

次に「礼金」ですが、これは昔からの日本の風習で、戦後間もないころ、住むところがない人が、住むところを提供してくれた人に感謝の気持ちを渡したのが始まりだと言われています。言葉通り、大家さんに「貸してくれてありがとう」という気持ちのお金です。関東を中心に支払う慣習が残っていますが、近年は礼金が0の物件も増えてきているようです。

礼金は最初に感謝の気持ちで支払うお金なので、契約終了時にも戻ってはきません。相場としては家賃の1ヶ月分くらいです。

最近では「敷金が無料」とうたっている物件もありますが、無料ということに飛びつかず、物件の内容や契約内容をきちんと確認することが必要です。例えば敷金は無料だけれども保証金がいるとか、入居時や退去時に追加でクリーニング代などを払わされるとかいうケースがあります。

また、本来は設定されている敷金が無料だということは、入居者が集まらない、何かしらの問題があることが多いです。例えば、隣に住んでいる人が、問題を起こす人だったり、アクセスや周囲の生活環境が悪かったりする場合があります。また、家賃が高めに設定されていたり、家賃を一日でも支払わないと鍵を取り替えられたりするケースも報告されています。家を借りる際は、初期費用のことだけでなく、周りの環境や契約内容を十分に確認することが必要です。

ブログパーツ

現在の時刻